【どちらが安い?】東京ガス or Looopでんき

日常のこと
ColiN00B (CC0), Pixabay
スポンサーリンク

電力会社再検討

はは
はは

いまさらながら…

本当に今さらなんですが、電力会社の変更を検討しています。

 

電力自由化が始まった当初(2016年)、ガス契約先の東京ガスに電力シュミレーションを行ったものの、

 

料金面ではあまり割安感がなく、自由化に対する電力需給の不安感もあったので、その後も東京電力と契約し続け、今に至ります。

 

前回検討した5年前とでは、家族構成も変わり、子供達も成長しており、電気代は増えています。

 

また、以前よりも民間電力会社がたくさん生まれていることも知り、電力需給面でも問題ないと感じ、再検討してみることにしました。

 

現在の電気代・ガス代

はは
はは

4人家族・マンション・平日の日中も家にいる

我が家の光熱費、月平均電気約9千円ガス約7千円です。

 

平日の日中も家にいることが多いせいか、割と使っています。

 

はは
はは

電力会社に求める条件

数ある電力会社を選ぶ際に、個人的にチェックしたところは、下記でした。

・電力とガスのセット割がある

東京在住(東京電力エリア)に適している

・ある程度の実績がある

解約手数料がかからない

 

上の希望にあう電力会社を、私の独断と偏見で2つに絞ってみました。

 

一つ目は、独立系(大手ではない)電力会社の中で、電気供給実績一位Looopでんき 

 

もう一つは、大手中の大手東京ガス

現在ガスは契約中ですし、電力+ガスの申し込みで大幅な値下げが期待できるかもしれません。

 

どちらがお得か??

はは
はは

料金シュミレーション!

まずは、【Looopでんき】 「でんき+ガス」シュミレーション

 

Looopでんき+ガスが対象となるのは、東京ガスエリアのみです。

 

不明な場合はPCサイト内でエリア判定が可能。

 

シュミレートの際には、電気・ガスの検針票が手元にあるとなお良いです!

 

ガスも一緒にシュミレーションする」にチェック。

 

結果は…ドドン!

内訳。

 

お次は、東京ガス電気+ガス代節約シュミレーション。

結果は、コチラ!

 

東京ガスlooopでんきでは、同条件で年間約1,200円の違い。

 

ちなみに、電力使用量を多めにシュミレートした場合は、もっと大きな違いになりました。

 

結果でみると、Looopでんき+ガスが優勢。

 

しかし、東京ガスでは、「基本プラン」7月31日までの申し込みで、

パッチョポイント3000円分ついてくるキャンペーン中とのこと。

東京ガストップ
東京ガスのホームページ。東京ガスのサービスや様々な取り組みなどの情報を幅広くお届けいたします。

 

パッチョポイント提携ポイントに交換可能なので、これはお得かなと思います。

 

だけど、本当に大丈夫?心配な点

はは
はは

実際に乗り換えしよう!だけど…

料金シュミレーション結果から、加入する会社は決めまりそうですが、

 

実際の乗り換えについて、電力供給に問題点はないのか気になるところです。

 

電力会社の切り替え方法や、電気・ガス需給の安全性については、

 

各社のQ&Aで確認すると、とても分かりやすかったです。

Looopでんき
Looopでんきに寄せられる「よくあるご質問」を紹介しています。「電力会社の切り替え方は?」「引っ越しの時はどんな手順があるの?」といったご質問や、Looopのサービス、お申し込みに関するご質問など、FAQ形式で掲載しております。
電力自由化について|東京ガス
電力自由化の紹介をするページです。ご家庭...

 

まずは東京ガスを採用します。

はは
はは

キャンペーン時に乗り換えがお得

今回のシュミレーションから、まずは東京ガスを採用してみることにします。

 

もっと電力使用の多いご家庭では、Looopでんきがお得だと感じました。

 

何より、解約手数料のかからない会社を選べば、キャンペーン中に他社に乗り換えすることも可能なので、

 

年に数回、光熱費を見直す時間をとっても良いと思いました。

タイトルとURLをコピーしました