【2021年度ラン活】⑤土屋鞄の考察

ラン活
Hans (CC0), Pixabay

長女の希望と我が家の方針

ちょうじょ
ちょうじょ

こんなのが希望です♪

色: 濃いピンク色

形:キューブ型の大容量希望

革:できれば牛革希望

デザイン:シンプルで落ち着いたもの

軽量:背負いやすく、軽い

汚れ:汚れにくく、防水性がある

6年保証:おとなしめの女の子なので、激しく損傷する可能性は低い。保証面はある程度で大丈夫。

 

※以下、女の子用ランドセルについてです。画像は土屋鞄さんからお借りしました。

土屋鞄ランドセル 2021年度

HP→https://tsuchiya-randoseru.jp/

ダミー

土屋鞄は安心して購入できる期間を設けていて、

2020年5月31日までは、完売を出さず、注文したランドセルを全て受注する」としています。

 

価格帯

土屋鞄ランドセルスペック比較表→https://tsuchiya-randoseru.jp/pages/compare

人工皮革:6万4千円~7万4千円

牛革:7万4千円~13万円

コードバン:12万5千円~14万円

 

こちらも黒川鞄と同様、高級ランドセルといった印象です。

土屋鞄の特徴

はは
はは

私の感じた良い点5つ◎

コンパクトな持ち手

2021年度のランドセルには、今まで搭載されていなかった”持ち手”が搭載されています。

ダミー

子供も親も、持ち運びに何かと便利と聞きますので、プラスポイントだと思います。

”コンパクト”なのも嬉しいです。

立ち上がり背カンと肩ベルト

ダミー

背カン・肩ベルトの部分も2021年度モデルで新しく改良されています。

立ち上がった背カンと、走ってもずれにくいS字形の肩ベルトで、体にフィットし、重さが分散されるそうです。

 

A4フラットも対応

一見コンパクトに見える土屋鞄ではありますが、A4フラットファイルも入ります。

下記の画像のように、一番高い位置で折れずに入るそう。

 

革のこだわり

コードバン、牛革、人口皮革に加え、ヌメ革の選択をすることもできます。

 

ヌメ革は革本来の風合いを持ち味としているため、防水などの加工をしていません。

そのため、お手入れは必要になりますが、6年間大切に使って、育てていくと考えると、

とても魅力的だなと思います。

 

人工皮革はもちろんのこと、天然皮革の牛革、コードバンも水に強い加工をされています。

圧倒的おしゃれ感。

やはり、圧倒的に綺麗で大人っぽくておしゃれなランドセルです。

親の方がその美しさに夢中で、ずっとみていられますw

我が家の希望に合うかどうか

はは
はは

自分が使うなら、土屋鞄がいい♡

土屋鞄のランドセルはシックで落ち着いた雰囲気で、その上おしゃれで。

大人でも背負いたくなるくらいの一品です^^

この良さがわかる子供さんをお持ちの方は良いのですが…

我が家の長女には”地味”にうつりそうです(苦笑)

 

幸いなことに、2021年度で持ち手・背カン・肩ベルトが改良されていますので、

我が家で確認すべきなのは、入る容量の部分かなと思います。

 

軽さ・容量の比較 (池田屋・萬勇鞄・黒川鞄)

★池田屋
重さ:人口皮革1,100g前後 牛革1,300g前後
内寸:310x230x120mm
★萬勇鞄
重さ:人口皮革1,250g  牛革1,400g
内寸:315x240x125mm(キューブ型)
★黒川鞄
重さ:人口皮革1,280g前後 牛革1,480g(キューブ型)
内寸:310x235x120mm(キューブ型)

☆土屋鞄

重さ:人口皮革1,160g 牛革:1,390g

内寸:(最高部)高さ 310x232x115mm

土屋鞄の重さは、我が家の希望の「プレミアムカラーシリーズ」で比較しました。

 

土屋鞄とも比較すると、黒川鞄はやはり重めと感じます。

土屋鞄ランドセルの内寸は他社とそんなに変わりませんが、

今後、実物確認の機会があれば、その点をしっかりみたいと思います!

 

引き続き、工房系ブランドを考察していきます。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました