【RISUきっず&算数】今回は本契約見送りました

RISU算数
OHMAOH (CC0), Pixabay

RISU算数の年中~年長版、RISUきっずを一週間お試ししました。↓

【年長】RISUきっず一週間お試ししています/

 

7日間体験してみて

はは
はは

平均学習時間、進度はこんな感じに

体験期間中の平均学習時間は13分程度です。

進度は、12ステージある中で10ステージまでのクリアとなりました。

ステージごとの項目はこんな感じ。

 

一日約1ステップづつ進んでいて、あと3日もあれば、そのままRISU算数に進むなといった感じでした。

(RISU算数以降は、小学校一年生以降の学習内容となり、料金体系も変わります。)

 

長女はテンポ良く学習していましたが、

幼児期の基礎固めの部分の問題が多かったですし(”数を数えよう”など)、

様々な角度から数の基本について再度学習でき、良い機会になりました。

 

RISUきっずの掲げている、

「小学校1年生前半の算数内容をしっかり基礎固め思考の柔軟性を育む」

という二点は、毎日取り組んでいけば、確実に可能であると感じました。

 

テスト問題で大号泣

ちょうじょ
ちょうじょ

時計のテスト問題でつまづき!

ノリノリで取り組んでいた長女ですが、時計の読み方のテストでつまずきました。

つまずいたのは、ステージ10のこの時計テスト。

 

それまでの時計問題は難易度が低かったものの、

テストで急激に難しくなったので、パニックになり、制限時間もあるので、大泣きして何度も解いていました。

 

私から説明しても、取り乱してらちがあかなかったので、

ひとまず休憩してリフレッシュしていたところ、

つまずきを感知したRISU算数側から、タイミングよく先生動画が届きました。

 

動画確認と、先日購入していた公文のくるくるレッスンを使い、なんとか回答。

 

本人は、「先生動画に助けてもらって、諦めずに克服できた!」という気持ちになったようです。

 

先生動画以外にも、RISU算数内の仕組みとして、

学習量に応じてもらえるポイントで、交換できる景品があります。

 

高額のものでは、iPhoneや、文房具などもありますが、

長女はまずは体験だけなので、”スペシャル問題に挑戦できる鍵”をゲットしようと、

頑張ってポイントを貯めていました。

 

ポイント制は子供のやる気アップにとても有効だと痛感しました。(大人もですが)

 

今後はどうする?

はは
はは

今回は本契約を見送ることにしました。

お試し期間だけでも、RISU算数は評判通りの良質なタブレット学習だと感じました。

 

学習内容だけでなく、

  • 子供向けだからといって、画面が必要以上にガチャガチャしていない
  • 先生動画がタイミング良く、幼い子供への指導がしやすい
  • メールでの親へのフォローが手厚い などなど。

 

では、なぜ今回本契約を見送るのかというと、

一番の理由は、

ソロバンアプリの「そろタッチ」を体験したいと考えているからです。

新!暗算学習法 SoroTouch 暗算学習iPadアプリとイメージ暗算教室
新!暗算学習法「そろタッチ」と「そろタッチ教室」

 

こちらの「そろタッチ」の1か月体験をしてみて、娘に合わないと思えば、RISU算数に変更も考えられます。

 

一方、本格的に「そろタッチ」でソロバン学習をしていく場合には、

そろタッチの推奨する、”2年以内の暗算上級”を目指し、暗算力を鍛えた上で、

その後、RISU算数の文章題などに、数多く取り組んでいきたいと思いました。

 

算数学習、娘の反応も見ながら、慎重に判断していきたいと思います!

 

タイトルとURLをコピーしました