【算数】公立小六年生の年間学習スケジュール

未分類
mohamed_hassan (CC0), Pixabay

過去記事に引き続き、公立小学校六年生の「算数年間学習スケジュール」について、みていきたいと思います。

【算数】公立小一年生の年間学習スケジュール

【算数】公立小二年生の年間学習スケジュール

【算数】公立小三・四年生の年間学習スケジュール

【算数】公立小五年生の年間学習スケジュール

 

※東京書籍さん(都内の「算数教科書採用数」の多い教科書)の年間指導計画を参考に、
大まかな学習スケジュールを書いています。

 

公立小学六年生(算数)年間スケジュール

一学期

・対称な図形:線対称、点対称図形の概念と書き方

・文字と式:文字x・yを用いた式で表す

・分数のかけ算

・分数のわり算

・比:比の意味と比例配分

 

二学期

・拡大図と縮図:拡大図、縮図の意味と書き方

・円の面積:円の面積公式

・角柱と円柱の体積:角柱、円柱の体積公式

・およその面積と体積:概形を基本図形でとらえた面積と体積の概測

・比例と反比例:x,yを使用し、比例関係を式にする。比例・反比例の意味、式、表、グラフ

・並べ方と組み合わせ方:順列、組み合わせの考え方の初歩

・データの調べ方:代表値としての平均、資料を度数分布表に整理する、最頻値、柱状グラフ、中央値、統計的問題解決方法など

 

三学期

・算数のしあげ:小学校の学習内容の総復習

 

六年間の集大成!そして数学へ…

はは
はは

六年生は、小学校算数の集大成☆

六年生の算数のメインは分数のかけ算・わり算円の面積比例あたりでしょうか。

 

新たに学ぶものというよりは、これまで学んだ知識を発展させ、グラフや表を読み取るものが多いと感じました。

 

また、x,yを使った式や、比例、順列・組み合わせの初歩など、数学の導入部にもなってるなと思いました。

 

小学校算数 個人的な感想

はは
はは

小学校算数の全体的イメージ

1-3年生で計算の基礎固め

4年生で計算知識を使用した発展的内容になっていき

5年生では社会的に必要な抽象的概念も学び

6年生で数学の基礎になる部分にも発展して、完結する

こんなイメージになりました。(個人的な感想です)

 

小学校算数において、まず計算問題が理解できていないと、その先の発展的内容が待っているので、どんどんついていかれなくなる可能性が高いです。

 

逆にいえば、4年生までの内容がしっかり理解できていれば、5.6年生でわからない部分があっても、少し復習すればすぐ取り戻せるのかなと思います。

 

2020年度以降、コロナの影響もあり、教育現場がどのように変化していくのか不安なところですが、冷静に今できることに対応していければと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました