【ピアノ】ヤマハ退会→個人教室1年 いま弾いている曲

ピアノ
Ri_Ya (CC0), Pixabay
スポンサーリンク

最近のピアノ練習

前回の記事から半年強経ちました。

【ピアノ】3年目 小学一年生 こんな曲を弾いています
ピアノ歴2年(個人ピアノ教室8か月目) ちょうじょ ピアノ歴2年ちょい 長女は年少からヤマハ音楽教室に2年半通っていました。 うち1年はリトミック的な取り組みだった...

 

ちょうじょ
ちょうじょ

個人ピアノ教室1年

ヤマハ音楽教室から個人ピアノ教室に移行してから1年経ちました。

 

相変わらず先生とも良好な関係で、レッスンは楽しく通っています。

 

ヤマハから個人ピアノ教室に通うことになった経緯はコチラ↓

【ヤマハ幼児科 退会】個人ピアノ教室に移行しました
ヤマハ幼児科を退会しました 「おんがくなかよしコース(年少)」に1年、「幼児科(年中・年長)」に1年半通っていましたが、昨年の10月いっぱいでヤマハ退会しました。 はは その理由は大きく3つ。 ...

 

ちょうじょ
ちょうじょ

ほぼ毎日練習!

この1年で、練習はほぼ欠かしたことがありません。365日のうちの355日は練習したはずです。

 

習慣化はできていますが、時間をきっちり決めているわけではなく、夕方の時間のどこか~といったユルい感じです。

 

そして、長女が自主的に取り組むということはなく、ほとんどが私や夫に促されて取り組みはじめます。(うっかり私&夫が忘れていることが、年間数日…)

 

練習し始めるまで時間はあるものの、練習し始めると集中して15分程度2-3曲を弾きます。

 

毎日練習して本当に偉い!

 

が、かといって、とても上達しているかというと、そういうわけでもないような^^;

 

ただ、”継続は力なり”手の力譜読みの力は着実についてきています!

 

こんな曲を弾いています!

はは
はは

この教材の終盤あたり

今弾いている曲

 

ワークブックではこんなことを。

 

ちょうじょ
ちょうじょ

発表会の予定☆

コロナ禍でなかなか開催されていなかったピアノの発表会。

 

状況が落ち着いていれば、来年の春に予定されています。

 

バレエの発表会では、舞台に上がることに関してはそれほど緊張している様子はないですが、

 

一人でパフォーマンスするのはまた違った緊張があると思います。

 

成功しても、失敗しても、いい経験になると思っています^^

 

ピアノ教室へ行くまでのプチ事件

ちょうじょ
ちょうじょ

一時、行方不明

先日、ピアノ教室へ行くと言って家を出た長女が一時行方不明になりました。

 

その日は、お友達のAちゃんが家に遊びに来ていました。

 

Aちゃんの家はピアノの先生のお宅の近くなので、「Aちゃんを送りながらピアノに行く。」二人で仲良く家を出ました。

 

その後、30分程してからピアノの先生から電話が入りました。

 

くもんの先生
ピアノの先生

○○ちゃん(長女)、まだ来ていません。本日はお休みですか…?

 

先生宅は、子供の足でも歩いて7-8分の場所。とっくに着いていていいはずなのに、「まだ来ていない」と。先生には

 

はは
はは

30分前には家を出ました!すぐに探しに行きます!

と連絡し、ピアノの先生宅周辺へ。このGPS居場所確認しました。

【子供用GPS】「みてねみまもり」料金・使用感など
子供用にGPS購入しました ちょうじょ 友達と外で自由に遊びたい♪ 小学校のお友達と学校外で遊ぶことも多くなってきた長女(小1)。 一人行動は危ないと思いつつ、なるべく自由に外出して色...

 

直後にAちゃんのママから電話があり、すぐさま長女を発見できました。

 

どうやら近くの公園でAちゃんと道草している間に、時間がわからなくなりAちゃんの家に行ってみたりしていたようです。

 

はは
はは

長女との話し合い

今回はすぐに見つかってホッとしましたが、寄り道したことについては、あとからしっかりと話し合いました。

  • 長女を信頼していたから、Aちゃんと二人だけで行かせてあげたんだよ。寄り道するのは裏切りじゃないかな?
  • ピアノの先生は、○○ちゃんが行方不明と知って、どんな気持ちだったかな?
  • ママは、お教室についてないと聞いた時、どんな気持ちになったと思う?

etc…

 

長女もだいぶ反省したようで、今後の約束事なども決めておきました。

 

ちょうじょ
ちょうじょ

色々自分でやってみたい!でもまだまだ難しい

小学校生活にも慣れてきて、家の外でやりたいことも多くなっている長女。

 

成長している証拠なので、嬉しい反面、7歳はまだまだ危険の察知能力が低いです。

 

事故や事件に巻き込まれないよう、子供にもしっかり話して見守っていかなければと思った出来事でした。

タイトルとURLをコピーしました