【夏休み】区立小一年生の宿題はどのくらい?

日常のこと
stevepb (CC0), Pixabay
スポンサーリンク

一学期の保護者会も中止

はは
はは

担任と一度も挨拶できず、夏休み突入

いよいよ夏が近づき、蝉の声も聞こえ始めました。

 

来週に迫った終業式に向けて、保護者会が開催される予定でしたが、

 

都内の緊急事態宣言発令により、長女の通う小学校では保護者会が中止となりました。

 

6月の個人面談も中止となっているので、担任の先生とは入学式で一度お会いしたものの、

 

正式に挨拶できないまま夏休みに突入となりました。

 

長女が夏休みにお友達と連絡を取り合う手段として、

 

長女が仲良しのお子さんの保護者の方と、保護者会で連絡先交換を考えていたのですが、それもできなくなりました。

 

一方で、長女は問題なく学校生活を送っている様子なので、心配事は特にありません。

 

夏休みの宿題 5つ

①朝顔の観察

学校から持ち帰った朝顔を、文と絵で観察記録をつけていきます。

 

種が入った実の様子」の観察は必須

 

それ以外では、花のしぼんだ様子色水作りなどを書いても良いとのこと。

 

ちょうじょ
ちょうじょ

二学期にも観察は続く!

私の小学生の頃は、朝顔観察は「夏休みに観察して、宿題を提出しておしまい」だった気がしたのですが。

 

長女の学校(どこもそう?)は、二学期にも学校で観察を行うそうです。

 

夏休み中に枯らせられないので、それが何より心配…w

 

我が家のベランダは風が強く、初日につぼみがいくつも落ちていたので、大慌てで鉢植えを玄関先に移動しました^^;

 

②絵日記(1枚)

夏休み中の出来事や、できるようになったこと絵と文にします。

 

文は鉛筆で。絵は色鉛筆かクレパスで色を塗る。

 

はは
はは

絵や文はさておき、題材は何にするか?

絵を書くのは好きなので問題なさそうですが、題材を何にするかが気になるところです。

 

コロナ禍とオリンピックで遠出もできませんし、8月上旬のバレエの発表会以外、これといった予定はありません。

 

全く何もなしもかわいそうなので、発表会のやる気にもつながるよう、子供バレエ鑑賞のチケット予約をしてみました。

 

浦島太郎をモチーフにした演目の様です。

こどものためのバレエ劇場 2021竜宮 りゅうぐう
新国立劇場のバレエ公演「こどものためのバレエ劇場 2021竜宮 りゅうぐう」のご紹介。バレエを観るなら日本で唯一の国立の劇場に所属する新国立劇場バレエ団で。

 

一年以上前に、上記の新国立劇場プログラム「白鳥の湖」を観劇しましたが、

 

子供用にわかりやすく解説があり(本編の邪魔にならない程度)、

 

子供のみならずバレエ初心者の大人にもおススメです。

 

③夏休みのワーク

算数・国語の1学期で習った部分のドリル。多分こういったタイプ↓

親が丸つけをして、間違い直しをする必要があります。

 

ちょうじょ
ちょうじょ

文字を丁寧に書く!

1学期中に学校で学習している分野に関しては、理解はできているので、問題はないのですが、

 

長女は字が汚すぎるので、「正しい持ち方・筆圧・書き順」で書くことをもう一度意識させようと思います。

 

④自由研究・自由工作

絵・工作・手芸・旅行記・お手伝い記録・石や貝の採集など。

 

時間のある夏休みだからこその、じっくり系の取り組みをしましょう!とのこと。

 

ちょうじょ
ちょうじょ

お料理やお菓子作り記録

長女は暇があれば工作や絵を描くので、自由工作ならばすぐにクリアできそうです。

 

ただ、せっかく夏休みに取り組むので、

 

お料理やお菓子作りをノートにまとめたり、

お手伝い天気などの、毎日のちょっとした記録を継続するのもよいと思います。

 

⑤鍵盤ハーモニカ

吹きかた(長い短い音)の練習をする。

 

ちょうじょ
ちょうじょ

ハーモニカは大好き

ピアノを習っているせいもありますが、ハーモニカは大好きです。

 

ただ、自宅で吹いていると大抵次女もやりたがってケンカになるので^^;

 

次女が幼稚園に通っている時間に触っていこうと思います。

 

初めての通知表

はは
はは

1学期は2段階評価

学校からの事前連絡で、1年生1学期の通知表は、

 

学習面・生活面「よい」「もう少し」の2段階評価とのこと。(2学期からは3段階

 

評価の仕方は「日々の学習の様子、提出物、作品」などから総合的に判断するものであり、

 

クラスの中の順位つけではない。ということが追記されていました。

 

ちょうじょ
ちょうじょ

いよいよ20日終業式☆

いよいよ来週、初めて子供の通知表を手にすることになります。

 

評価云々ではなく、子供の成長を感じ、なんだか感慨深いものがあります^^

 

親子でハラハラドキドキの一学期でした。

 

子供をたくさん褒めてあげたいと思います◎

 

【長女小1(6歳)・次女年少(3歳4ヶ月)】

タイトルとURLをコピーしました