【スタサプEnglish】主婦の感じたよいところ。一週間お試しした感想

自分のこと
Free-Photos (CC0), Pixabay
はは
はは

お試し期間の一週間が過ぎました

先日スタディサプリEnglishの無料体験を申し込んでから、7日がたちました。

育児中の主婦目線で、感想を書いてみたいと思います!

 

一週間の学習時間は?

ちょうじょ
ちょうじょ

妹のお昼寝時間に、一緒に取り組む!

私が取り組んだのは、「新日常会話コース」です。

 

一日15分」を目安に、「一週間で1時間45分」を目標にコツコツ続けました。

次女のお昼寝時間に、長女がおやつを食べている横で、一緒に発音などに取り組みました。

 

結果はこんな感じです。

一週間の総学習時間は左下の「1時間36分」です。

目標にはわずかに到達していませんが、一日10-15分は継続できました。

 

学習内容(新日常英会話コース)

はは
はは

実際の内容はこんな感じ

ドラマ仕立てのストーリー

新日常英会話コースは、ドラマ仕立てのストーリーです。

ドラマのストーリーに沿って、難易度も上がっていくようです。

 

「ごくせん」「ナースのお仕事」「1リットルの涙」などの脚本家のストーリー。

息抜きとしても、楽しく学べます。

 

ディクテーション

聞いた文章を直ちに英語に直して入力するディクテーション。

聞き取れている気になっていても、’llが聞きとれなかったり、couldやwouldなどのスペルを間違えたり、英語力の退化を痛感しています。。

 

キーフレーズチェック

講師による、講義動画が収録されていて、そのステップで重要なキーフレーズを教えてくれます。

とても分かりやすい講義なのですが(1分半ほどです)、この方が重要にしているポイントで、目からウロコが落ちる思いをしました。

 

それは、「発音で勝負するのではなく、文章で伝わる確率が上がるように話す。」ということ。

どういうことかというと、

例えば…

レストランで飲み物の希望を聞かれて、「水が欲しいです」と答えたいとき。

”I’ll have water.”

”Water please.”

と答えても良いのですが、日本人のwaterの発音で通じるかどうかに賭けるよりも、

”I’ll have just water.”

Just water.”

justを使うことで、waterが伝わらなかったとしても、「justって言ったから、多分waterって言ったんだろうな」と推測してもらうことができるというわけです。

 

伝わる確率を上げる」という視点はなかったので、目からウロコでした。

100%の正解英語ではなくて、打率を上げるように話す、ことが大切ということですね。

 

発話させるプログラム

リード&ルックアップ

瞬間発話プラクティス

こちらの2つのステップで、その日習ったフレーズを発話練習することができます。

発話したものは自分自身で確認でき、できなかったと感じた問題は、のちに復習することができます。

 

モチベーションを上げてくれる仕組み

連続学習日数」や、「連続学習時間」が表示されるのも、続ける上でのモチベーションになります。

 

主婦の感じた良いところ 3つ

1.スキマ時間に取り組める

1レッスン10分程度で取り組めるので、仕事の移動や、家事のスキマ時間にも気軽に利用できると思います。

10分とは言え、途中で中断して再開もできるので、安心です。

 

また、その数分であっても、蓄積するとかなりの時間になるので、自分のために時間を使うことが難しい主婦には、”毎日何かを積み上げられている”という気持ちの面でもプラスかなと思いました。

 

2.キャンペーン中の料金は良心的

現在キャンペーン中で、月額実質980円です。

スタディサプリEnglish

主婦にとっては良心的な価格。

 

支払いは年払いですが、「やむを得ず途中解約される場合に、返金対応もご用意しています。」となっていますので、払い戻しにも対応していただける可能性大です。

 

3.子供への影響

単語や文の復唱などをしながら、子供も楽しく参加しています。

そのせいか、最近はTAC(トークアロングカード)にも積極的に取り組んでいます。

子供に勉強している姿を見せられていることが、何より嬉しいです。

 

継続するかどうか?

今のところ、内容・値段共に満足しているので、このまま継続してみたいと思います。

最低でも一年間は毎日10分でも頑張るつもりです。

 

スタディーサプリは小学中学~大学受験版もありますね。

小学生の該当学年になったら、ぜひ試してみたいです。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました