【休校あけ】6月1日からの対応と、給食の不安

年長前半
kreatikar (CC0), Pixabay

いよいよ6月1日から、徐々に幼稚園や習い事が再開します。

これほどまでに、新しい区切りの気持ちになる6月は初めてです。

 

6月1日からの各所の対応

幼稚園

一クラスを2チームに分けて、分散登園していきます。

公立小中学校に倣い、6月2週~3週目あたりは分散登園、その後は一斉登園か?といった流れです。

 

お弁当や給食も、2週目以降開始するようですが、密にならない様、先生方も試行錯誤してくださっているようです。

 

ちょうじょ
ちょうじょ

給食がニガテ!!

長女に関して言えば、給食が大の苦手(偏食)なので、

幼稚園が始まるのは嬉しいけれど、給食が始まるのは憂鬱の様です。

 

年長さんでは給食完食が目標とされていますし、

休園中のしわ寄せで、通常よりも給食の回数が多くなる予定です。

(通常は週にお弁当2・給食2・早帰り1日)

 

先日の個人面談の際にも、担任の先生にも給食が苦手な点を相談し、

先生側からも「ゆっくり焦らず声掛けしていきます」と言っていただきました。

 

とはいえ、小学校に入ると、「給食が食べられないことがいじめにつながることもある」と聞き、

複雑な気持ちにもなりました。

 

長女の気持ちも尊重しつつ、家庭でも食べられるものは増やす努力は、引き続きしていこうと思います。

 

公文

6月からは、在宅学習週一教室学習週二教室学習が選べます。

 

教室の学習時間に関しては、子供の数を調整する必要があるので、

通う時間を先生に事前にお知らせし、教室の滞在時間も限られています。

 

我が家は国語一科目を継続していくつもりなので、

週1教室学習・小学生の少ない早めの時間帯」でお願いしました。

 

コロナの状況と、そろタッチの負担感を見ながら、英語を追加するか迷っているところです。

 

ヤマハ

6月からオンラインの連絡もありましたが、

http://coco-blog0303.com/2020/05/16/【ヤマハ】6月%ef%bd%9e有料オンラインレッスン実施の方/

 

緊急事態宣言が無事に解除されたことで、

我が家の所属するヤマハの音楽教室では、「6月第2週からレッスン再開」が発表されました。

(各所の音楽教室によって対応が変わるかもしれません。)

 

ヤマハHPを見る限りは、レッスンが再開しても、歌唱は行わないようです。

「新型コロナウイルス」感染拡大に伴うレッスン対応について(5/27更新) | 教室だより|ヤマハ音楽教室
「新型コロナウイルス」感染拡大に伴うレッスン対応について(5/27更新)

 

いずれにしても、お教室で担当の先生にまた指導いただけるのは、嬉しい限りです。

 

今後、再度の休講になった際には、有料オンライン受講をぜひ試してみたいです。

 

バレエ

4月から2か月間、毎日オンラインレッスンを行ってくれていた、バレエレッスンですが、

本日から早速再開となりました。

 

ちょうじょ
ちょうじょ

リアルレッスン楽しい☆

zoomでのレッスンも選べるので、今日はお教室の生徒数は3名と、少なかった様子。

それでも、お教室でのレッスンがやはり楽しいようで、ニコニコしながら帰ってきました。

 

夏に予定していた発表会も秋にズレこむ可能性があるとのこと。

まずは安全第一で、子供の健康に気を使ってくださる先生にも感謝です。

 

こちらの先生のオンラインレッスンのおかげで、長女は筋力がかなりつきましたし、

何より、毎日同じ時間に開催してくださるので、「自粛中の時間軸」にもなってくれていて、助かりました。

 

はは
はは

今後はまだ不透明…

解除後の街の様子をみていると、第二波はすぐそこに迫っていそうな気配がしますが、

とりあえず、日常が取り戻せて、ホッとしているのが本音です。

 

今後も緊縮を繰り返しつつ、withコロナ社会を生きていかなければならないと思います。

引き続き、大流行にならないよう、気を付けつつ、生活していきたいです!

 

タイトルとURLをコピーしました